レンタルサーバーとドメインはお得なドメインキングで!

  1. レンタルサーバートップ > 
  2. レンタルサーバー > 
  3. 独自SSL


独自SSL

常時SSL化でホームページをまるごと保護

インターネット上で送受信されるデータを暗号化するSSLは、ホームページの安全性を維持する上で欠かせません。特に、ホームページ全体をSSLで保護する「常時SSL化」に対応することは、企業にとって急務のひとつです。対応しなければ、Webブラウザシェア6割強(※)のGoogle Chromeで「保護されていない通信」と警告が表示されます。訪問者の不安をあおり、ページからの離脱を引き起こす要因となります。

※ Net Applications社調べ、2018年5月時点

ブラウザでのSSL表示



SSLとは

SSL(Secure Socket Layer)とは、サーバとクライアントの間で安全なデータ通信を行うためのインターネットプロトコルです。このプロトコルを実現するために必要なのが SSL証明書(又はサーバ証明書)です。Webサイトの運営主体は、SSL証明書をWebサーバなどに実装することによって、以下の点で信頼性や安全性を向上することができます。

SSL暗号化通信を確認するには

SSL暗号化通信を確認するには…
SSL暗号化通信が確立されている場合は、皆さんが良くご存知のブラウザ右下の鍵マークで確認することができます。又、アクセスしたURLが通常の http:// ではなく https:// と表示されることによっても確認することができます。



SSL料金表

サービス名称 アルファSSL グローバルサイン クイック認証SSL グローバルサイン 企業認証SSL
サービスの特徴 サイトシールなしで手軽に導入 アンケートフォームなどでのご利用にSSLを手軽に実現 銀行決済などフィッシング詐欺対策に
企業の実在性を認証。
初期設定費用(税込) 0円 5,500円 16,500円
年間利用料金(税込) 11,000円 30,800円 59,400円
サイトシール
企業実在証明
携帯対応

※ グローバルサインの携帯端末対応状況に関しましては、「携帯端末の対応に関して」のページをご確認ください。

    お申し込み前のご確認事項
  • 『2013年12月2日10:00』以降に「サーバー契約」をお申し込みのうえ、ご利用されているお客さまのみ
  • 有料オプションサービスとして、お申し込みが可能です。弊社へお申し込みをいただいた際は、独自SSL取得とサーバーへの組み込み作業を代行いたします。
  • 他社取得の独自SSLは、弊社サーバーサービスではご利用いただけません。
  • 独自SSL申請後に審査が行われます。審査後、場合によって書類提出をお願いする場合があります。審査の状況により、取得完了までの日数は異なります。



証明書発行までの流れ

STEP1お申し込み

STEP2審査認証作業

  • 証明書発行の認証作業実施(申請に書類提出が必要な場合は、お客様へメールにてご連絡いたします。)

STEP3証明書発行

  • サーバー証明書の発行完了連絡とサイトシール掲載方法についてメールにてご案内いたします。

STEP4完了



信頼の証、サイトシール

サイトシール

セキュリティ対応済みサイトの証明として、サイトシールを発行します。
コピー防止機能が付いているため証明したサイト以外に不正にコピーされる心配がなく、安心です。
また、時刻スタンプがシール内に組み込まれるため、認証された企業が正式に認証されていることを、サイトユーザが一目で認識するためのものです。


しかし、他局で発行しているような単純な画像の掲載では、そこのリンクから、でてきた情報とリンク元のウェブサイトを見比べて確認するという、非常に面倒な作業が発生していました。

グローバルサイン社では、javaを利用してシールをダイナミック生成し、認証されていないサイトやウェブページからはリンクできない仕組みを構築いたしました。よってグローバルサイン社のサイトシールは、見ただけで企業認証を確認することができます。

※ サイトシール発行は、「クイック認証SSL」「企業認証SSL」のみです。 ※サイトシールの添付方法はこちらからご確認ください。

独自SSLのお申し込み



  1. レンタルサーバートップ > 
  2. レンタルサーバー > 
  3. 独自SSL

上手に他社移転 初心者も安心!サーバー移転のススメ

アフィリエイトプログラム 紹介するだけ!おこづかいを稼ごう

ブログも3ステップ! 人気のWordPressも簡単インストール